小此木 清
弁護士法人龍馬代表弁護士

プラチナシティを提唱

団塊の世代は、「親を看(み)る最後の世代であり、子から見捨てられる最初の世代」です。現状、介護施設では自分の意思を反映することができず、法定後見は、アメリカでは「何も準備しなかった人にとっての最悪の手段」と言われています。

介護の社会化により、高齢者が自立できなくなったときの行き先は施設となりました。判断能力がなくなったときは、全く見知らぬ法定後見人に自己の財産を管理されます。

しかし、判断することが困難になったときでも、若いときになじんでいた音楽を聴きながら、身ぎれいに過ごしたいと思いませんか。

そこで、「プラチナシティ」として同世代が集う場になる、コミュニティーの立ち上げを提唱します。①共感してくれたメンバーが元気なうちは、インターネット上で集い、メンバーの将来の介護・医療契約、家族問題、事業承継などについて情報交換します。②健康寿命がある限り福祉に頼ることなく社会活動を継続し、地域経済を活性化させます。③その間、定期的に集い、自分たちが健康寿命を喪失し介護を必要とするに至ったときの仕組みを検討・実現させ、④そして、高齢者の、高齢者による、高齢者のためのプラチナシティを作り上げたいのです。

そのために、介護者に我々の意思を代弁してくれる「同世代が同世代を看る」仲間を募ります。プラチナシティ構想は龍馬HPのブログ欄(https://www.lawyersclub.info)に掲載します。ぜひご覧ください。

弁護士法人龍馬

企業団体情報

法人名 弁護士法人龍馬
所在地 〒370-0828
群馬県高崎市宮元町292ザ・グランクーブス1F
電話番号 027-325-0022
公式サイト https://www.houjinryouma.jp/