須藤 英仁
県医師会長

地域医療守るため尽力

団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、良質で適切な医療を切れ目なく効率的に提供する体制確保が急務です。本県は全国平均と比べて医師の数が不足しています。限られた医療資源を有効活用し、地域医療を守るために昨春、県と群馬大学医学部附属病院、医療関係団体による「ぐんま地域医療会議」が発足しました。座長として、地域の実情と将来の見通しを踏まえた医療ニーズを把握し、医師の適正配置と医療機関の連携による人材育成を推進します。

県医師会は県と共催で新たに「群馬県の若手医師を育てる会(仮称)」を結成しました。来年度県内の研修病院に入る約90人の初期研修医を集めて4月上旬、初会合を開きます。保険審査や産業医、学校医、災害医療など医師会の活動を知ることで社会貢献の幅が広がり、医師としてだけでなく人間としても成長するはずです。地域医療の現状を知り、本県に定着して活躍する若手医師が増えることを期待しています。また、研修医や医学生にとって教育機関の存在が大きいのは言うまでもありません。群馬大学医学部附属病院が厚生労働省から一日も早く特定機能病院として再承認されることを願います。

これまで同様、子育て支援など若い医師が働きやすい環境づくりも積極的に推進します。一方、老朽化した県医師会会館と群馬リハビリテーション病院の移転・建て替えという直面する二つの大きな課題についても地域医療構想と併せて考え、多くの知恵を出し合って取り組んでいきます。

群馬県医師会

企業団体情報

法人名 群馬県医師会
所在地 〒371-0022
群馬県前橋市千代田町1-7-4
電話番号 027-231-5311
公式サイト http://www.gunma.med.or.jp/