荻原 京子
県看護協会長

看護職の働く環境応援

協会の創立70周年を迎えた昨年、会長に就任しました。公益法人化して7年がたったこともあり、法令を順守しつつ一層公益性の高い事業を展開していきたいと考えています。奉仕の精神が根底に流れる医療の現場では自身を後回しにして働く人は少なくありません。手当に頼らざるを得ない給与体系や心身への負担、職場での安全管理など課題は多いです。協会では専門職としてのキャリアアップ支援とともにワークライフバランスの推進などの労働環境の改善にも引き続き取り組んでいきます。

在宅医療の進展に伴い看護職の役割は広がっています。最後まで安心して在宅で療養生活を送れるよう訪問看護の推進や多職種との連携・協働に取り組むほか、学ぶ環境の整備への支援を県などに要望しています。少子超高齢社会の中では看護職の質の向上とともに人材の確保も重要となります。定年退職前後のベテラン看護職「プラチナナース」や、資格を持ちながらさまざまな理由で離職した「潜在看護職」の再就業支援も行っています。

現在、県内では未入会の看護職も多く、まだまだ施設などで働く看護職の皆さまに協会の支援や取り組みが伝わっていないのが現状です。少人数の職場でも入会することで待遇改善や諸課題の解決にみんなで取り組むことができます。看護職の皆さまが生き生きと働き続けられる環境をつくり、県民の皆さまの健康や福祉の向上につなげたいと考えています。

公益社団法人 群馬県看護協会

企業団体情報

法人名 公益社団法人 群馬県看護協会
所在地 〒371-0007
群馬県前橋市上泉町1858-7
電話番号 027-269-5565
公式サイト http://www.gunma-kango.jp/