釘島 伸博
弁護士法人釘島総合法律事務所代表弁護士

日本の誇りを守りたい

釘島総合法律事務所は、1995年に開所し、以来、さまざまな法律相談に対応してまいりました。法律家が社会の中でいかに人の役に立てるかを常に考え、昨年度、群馬弁護士会会長のときに「中小企業リーガルサポートセンターぐんま」を立ち上げました。このセンターでは、県内企業の99・9%を占める中小・零細企業を対象に、経営者や従業員の相談に対応しています。

法律家として、そして人として、この社会でできること、やるべきことを見つめ続け、還暦を超えた今、私の願いは「日本人が誇りを取り戻すこと」です。そのためにできることに力を注いでいくことが、これからの私の使命だと思っています。

10代の頃、私はインドやスリランカなどの外国を巡り、世界から日本を見つめる経験をしました。その中で、日本という国の成り立ち、日本人という民族のすばらしさを実感しました。聖徳太子の「十七条憲法」に「和を以って貴しとなす」とあるように、日本は「和」の国です。古(いにしえ)の時代から太陽を信仰し常に「おてんとうさまが見ている」と自らを戒め誇りある振る舞いができるのが日本人です。先の戦争による支配で日本の伝統が失われ、日本人は日本という国、日本人であるということに誇りを持てなくなってしまいました。日本は、唯一の被爆国として世界に平和の尊さを伝えていかなければなりません。そのためにも、日本の心を、次代を担う子どもたちに伝えていきたい。それが私の希望であり、これからの目標です。

弁護士法人 釘島総合法律事務所

企業団体情報

法人名 弁護士法人 釘島総合法律事務所
所在地 〒371-0844
群馬県前橋市古市町1-43-1
電話番号 027-252-1341
公式サイト https://www.kgsm.jp/