国兼 貴行
赤城自然園運営管理責任者

森泊フィールドに注目

「人間と自然との共生」を目指し、30年余りをかけて赤城山西麓に広がる約120ヘクタールの森を環境整備してきました。今では関東地方に分布する植物を自然に近い形で見ることができ、昆虫や小動物をはじめ豊かな森の象徴とされるオオタカも生息しています。

季節の移り変わりを体感してほしいと通年開園にして1年余り。認知度も広がり、年間の入園者数は9万人近くまで増えました。誰でも安心して歩けるよう散策路に木の皮を敷き詰め、間伐材のベンチや手洗い場などを設置。毎日スタッフが園内を見回りして「安全できれいな中自然の森づくり」に努めています。

子供たちやアウトドア初心者が自然に親しむ「始まりの場」として、また登山を引退した高齢者やストレスを抱えた人たちが「戻ってくる場」として、赤城自然園は人々を優しく迎えます。森林セラピー基地に認定され、癒やし効果は科学的にも実証されています。

自然に興味を持つと人生が豊かになります。私自身がそうだったように、街路樹や道端の雑草にさえ興味が湧くかもしれません。園内を仲間と歩く楽しみもありますが、お勧めしたいのは一人歩き。自分自身と対話し、内面を見つめる貴重な時間が持てます。

多くの子供たちが自然と触れ合えるよう中学生以下の入場料を無料にしています。今年は森泊フィールドでの体験プログラムを拡大、直近では3月に「焚 たき火ナイト」を開きます。森の中でワクワクする体験がたくさんできるよう子供たちを全力でサポートします。

赤城自然園

企業団体情報

法人名 赤城自然園
所在地 〒379-1113
群馬県渋川市赤城町南赤城山892
電話番号 0279-56-5211(9:00~16:30)
公式サイト https://akagishizenen.jp/