森田 岳志
環境管理センター社長

公共下水道の維持管理

当社は1969年に塚田邦雄氏によって創業されました。当初は浄化槽が正しく機能しているかを点検・管理する浄化槽施設管理を業務としていましたが、私が社長となった95年以降、上下水道設備工事と下水道等管路施設維持管理を加え、現在、三つの事業を柱として地域の環境保全を図ることで豊かで快適な生活環境を提案しています。

公共下水道の普及に伴って、戸建て住宅の浄化槽は減少する傾向にある一方、浄化槽から公共下水道への接続工事と延長されていく下水道管の維持管理の需要はますます高まっていきます。ただし、これらは事業主が自治体であり、年度ごとの予算によって事業規模は決まりますので、全県下を営業地域としてはいるものの、今後、受注が急増するわけではありません。

このため当社としては、つねに専門知識と技能の向上に努めるとともに、社員には各種資格の取得を奨励することで、高いサービス品質の維持に努めています。

下水道管の維持管理は、まず高圧洗浄車で管内を清掃し、汚泥を強力吸引車で吸引、このあとテレビカメラ車で点検するなど、多くの特殊車両や機器が必要です。大きな設備投資となりますが、今年、最新の高圧洗浄車を増車し業務の効率化や品質向上を図りたいと考えています。

今年6月の創立50周年を前に昨年2月には新社屋を建設しました。昨年は初めて高校を訪問し、新卒者を採用。今後も積極的に採用活動に取り組みたいと考えています。

株式会社環境管理センター

企業団体情報

法人名 株式会社環境管理センター
所在地 〒370-0845
群馬県高崎市新後閑町281-3
電話番号 027-322-1984
公式サイト http://www.kkc-ltd.co.jp/