釈 満潤
臨済宗日本佛光山法水寺総住職

地域との交流を深める

当寺は昨年開山し、多くの参拝者に来ていただきました。総本山は台湾の「仏光山寺」で、当寺は日本の本山になります。仏光山は星雲大師が開かれた臨済宗の寺院です。大師は1927年、中国江蘇省に生まれ、49年に台湾に渡りました。67年に仏光山を創建し、その後、中華仏光協会を設立しました。米国に国際仏光会を発足し、現在、世界で200以上の寺院や道場を設立しました。日本は東京や大阪などに寺院があります。大師は下仁田に住む知人から伊香保のことを知り、視察して大いに気に入って日本本山に定めました。

水沢山のふもとに本堂や観音堂、禅堂、写経堂などがあり、赤城山や子持山、谷川岳、武尊山、遠くは日光の男体山まで展望できます。本尊はミャンマー産の白石一枚岩を彫刻したもので、慈悲深い表情をされています。禅堂では静かに座禅をすることができ、写経堂で心穏やかに写経することもできます。全て無料です。

仏光山はボランティアや教育にも力を入れています。熊本地震をはじめとする災害では救援活動を行い、ブラジルや南アフリカの恵まれない子供たちと交流を深めました。世界に5つの大学があります。宗教に関係なく学べます。

地元との交流にも努め、元日から3日まで「平安灯法要」を行います。灯明をともし、祈願法要を実施します。4月には1周年記念で、国内外から多くの信者を迎えて大会を開催します。地域に貢献できたらと思います。

臨済宗日本佛光山法水寺

企業団体情報

法人名 臨済宗日本佛光山法水寺
所在地 〒377-0102
群馬県渋川市伊香保町伊香保637-43
電話番号 0279-72-2401
公式サイト https://www.facebook.com/%E4%BD%9B%E5%85%89%E5%B1%B1%E6%B3%95%E6%B0%B4%E5%AF%BA-382579398474058/