江原 有香
群馬ビル社長

歴史ある建物を後世へ

江原本家グループは不動産業の群馬ビルと、倉庫業の上毛倉庫、企画設計を手掛ける天原社(江原友樹社長)の3社で構成しています。江戸後期の繭糸商から始まり、時代の変化とともに業態を転換しながら、地元に密着した業務を展開してきました。これまで重ねてきた歴史が当社の独自性であると考えています。

群馬ビルは前橋市を中心に、県内外に物件を保有し、賃貸・開発・管理・仲介を行っています。当社の管理物件の一つに、およそ築100年の純日本式家屋があります。手延べの板ガラスや一間廊下といった明治期の邸宅のたたずまいをこれまで大切に維持管理してきました。今年の目標はこの歴史ある建物の利活用を検討し、永く後世へと伝える道筋をつけることです。参加する諸団体の活動や米国での留学経験を通して、国際交流の大切さを感じています。東京五輪の開催で増加する海外のお客さまをおもてなしする場としても活用できないか考えています。

父の死去による代替わりから5年がたち、落ち着いて仕事に向き合えるようになりました。昨年の目標であった新規物件の開発も順調に進み、今年オープンする予定です。社会インフラとして長く街に貢献し、地域の皆さまに喜んでいただけるような施設になると思います。不動産業は社会的な基盤づくりに直結する仕事です。今後も堅実な事業展開で永続的、安定的に会社を運営していくことを心掛け、皆さまが住みやすい街づくりのお手伝いをしていきたいと思っています。

群馬ビル株式会社

企業団体情報

法人名 群馬ビル株式会社
所在地 〒371-0014
群馬県前橋市朝日町3-1-24
電話番号 027-224-3911
公式サイト http://www.ebara-honke.jp