塚田 敏則
環境システムズ社長

持続可能な社会の創造

地球温暖化や天然資源の枯渇、水質悪化などの問題がクローズアップされ、限りある地球資源を消費し続ける社会に、警鐘が鳴らされています。

当社は1996(平成8)年の設立時から、地球、人、産業が調和する「持続可能な社会の創造」を目指して、いろいろな事業を展開しています。そのよりどころとなっているのが、「廃棄物=資源」という考え方です。

さまざまな社会・産業活動を通して発生する廃棄物は、すべて地球の資源を原料として作られたものであり、再生することで繰り返し使用することができます。長年のたゆみない研究開発と処理技術の追求により、各種廃棄物の回収システムやリサイクルシステムを、かたちにすることができました。

特にバイオマスなどの有機質廃棄物については、独自のシステム開発と確立に力を注ぎ、資源循環型農耕畜産など新たな分野の取り組みに発展、「KSI方式」として高く評価されています。具体的には、食品廃棄物による飼料製造や野菜作りにとどまらず、自社養豚場を設けて豚を飼育。3年前には榛名地区にうどん店と精肉工房兼販売所を開業し、国際衛生管理規格・HACCP(ハサップ)を取得しました。

こうした農業の6次産業化に加えて、農業と働き手としての障害者をつなぐ「農福連携」にも取り組んでいます。今後はバイオマスのエネルギー化にも取り組み、榛名山麓の雇用の拡大につなげたいと思います。また、高齢者雇用に年齢制限を設けず、多くの職場に、門戸を広げたいと考えています。

株式会社環境システムズ

企業団体情報

法人名 株式会社環境システムズ
所在地 〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町2465-4
電話番号 027-350-5353
公式サイト http://www.ksi-eco.jp/