遠藤 直行
田村屋社長

食を通じて健康に奉仕

次の100年を見据え、創業95年を迎える2020年までに大きな事業計画をまとめようと考えております。今年は工場増築計画をしっかりと進めていきたいと考えています。中食業界は年間8%程度の成長をしており、総菜の市場規模も10兆円を突破しました。この波に乗るため、増築後の工場の規模は現在のおよそ2倍とする予定で、新規カテゴリーの開発も積極的に進めていきたいと思います。

1人暮らしのお年寄りや単身赴任の会社員ら家族と一緒に食事できない家庭が増え、当社でも利便性のいい少量規格の総菜が好調です。当社では煮物などの副菜を中心に取り扱ってきましたが、今後は食事全体を提供できるように、増築後の工場では肉や魚料理といった主菜の取り扱いを増やしていきたいと思います。

当社では先代の時から20年間、予防医学と食生活について研究してきました。人の体は食べ物で成り立っており、正しい栄養素を必要な量だけ取れば病気になりにくいといいます。当社では学んだ知識を生かし、お客さまに何が貢献できるか考えてきました。昨年、埼玉県の女子栄養大と協働して健康に配慮した総菜を開発しました。研究者や学生と交流を深め、栄養学についてより深く学ぶ機会となりました。

これからも「食を通じ 家族の健康と団欒(だんらん)に奉仕し、家庭の平和に貢献いたします」という当社の経営理念に共感する仲間を増やし、健康的な料理をお客さまにお届けしたいと思っています。

田村屋

企業団体情報

法人名 田村屋
所在地 〒370-0024
群馬県高崎市八幡原町442
電話番号 027-346-4555
公式サイト http://tamuraya.co.jp/