佐藤 拓
高崎佐藤眼科院長

二人三脚で「光を守る」

当院は加齢黄斑変性など網膜硝子体しょうしたい疾患の専門外来に加えて、白内障手術の精度を高める取り組みを行っています。昨年5月より厚生労働省の先進医療施設認定を受けて、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を本格的に始めました。現時点では30代までのような遠くから近くまで見える100点満点の眼内レンズは存在していないのですが、乱視や老眼を軽減できる眼内レンズが開発され進化してきています。学会や多くの経験を有する術者から情報収集に加えて、データを慎重に精査して、現時点での安心安全な医療を提供できるように心がけています。

目の病気には緊急性が高いものがあるので、困っている患者さんがすぐに診察を受けられる体制を整える努力を継続しています。効率的な診療を行うことで検査や手術時間の短縮を図りたいと思います。麻酔を使う時間が短くなれば、患者さんの負担も軽減し、安全性は向上します。また、診察により時間を掛けて、患者さんに寄り添った医療を提供したいと考えます。

今春、開院して3周年を迎えます。新しい体制づくりの一環として、「光を守る」をビジョンに掲げました。眼やそこから得られる光は宝石のような貴重でかけがえのないものであることをイメージしてシンボルマークを作成しました。患者さんとご家族と一緒に病気と向き合う「二人三脚の医療」で、大切な人と過ごす時間や好きなことをする時間など、人生を彩る「光」を守ることで“クオリティー・オブ・ビジョン”の向上に努めたいです。

高崎佐藤眼科

企業団体情報

法人名 高崎佐藤眼科
所在地 〒370-0036
群馬県高崎市南大類町1000-1
電話番号 027-352-8800
公式サイト http://www.tsato-eye.com