大塚 孝之
PHC取締役メディコム事業部長

ヘルスケアの未来創造

血糖自己測定システムなどの医療機器、ヘルスケアIT、ライフサイエンスの3事業を核に125カ国に付加価値の高い製品やサービスを提供しています。事業構造が変化していく中、自社ブランドでよりグローバルに戦っていくため昨年4月、パナソニック ヘルスケアからPHCに社名変更しました。

大泉町の群馬地区事業所には850人の従業員がおり、ヘルスケアITとライフサイエンス機器を製造。ヘルスケアでは、トップシェアを誇る診療所向け医事コンピューターや電子カルテシステムのほか、患者が処方せんを画像データとして調剤薬局に送れるスマホ用アプリ「ヘルスケア手帳」も手掛けています。

一方、ライフサイエンスの分野では細胞培養に欠かせないCOインキュベーター、試料をマイナス150度で保存する超低温フリーザーなど、病院や製薬会社の研究所向けの機器を作っています。

私が担当するメディコム事業部はヘルスケアITを扱う部門で、医療情報のビッグデータ活用、AI(人工知能)技術の進歩という流れの中、医療課題を解決して新たな価値を提供していくことが求められています。

新しい製品やサービスの開発には何より人が大事です。当社は在宅勤務などワークライフバランスを推進し、県内で研究開発を行う企業として積極的に人材を募集しています。今年は創業50年の節目の年。イノベーションを起こしながら、世界の医療に貢献していくつもりです。どうぞご期待ください。

PHC株式会社

企業団体情報

法人名 PHC株式会社
所在地 〒370-0532
群馬県邑楽郡大泉町坂田1丁目1番1号
公式サイト https://www.phchd.com/jp/