野田 真一郎
社会福祉法人希望の家理事長

心通う医療・介護・福祉

希望の家は、重症心身障害児者を対象にした入所施設や特別養護老人ホーム「のぞみの苑」、県内唯一の児童心理治療施設「青い鳥ぐんま」など、医療から介護、福祉と広範囲にわたる事業所です。対象は幼児から高齢者まで切れ目ない医療と、介護・福祉サービスを提供しています。

一昨年4月、発足当初からの名称「希望の家療育病院」を、地域で重症心身障害児者への医療について中核的な機能、役割を担わせていただいていることから「療育センター きぼう」に変更しました。

今年は春に、療育センター病棟の改築工事が完成し、リハビリスペースの拡大や、重症心身障害児者のデイサービス「おひさま」で年齢に応じたケアを行う計画があります。また、発達・相談支援センター「つむぎ」での発達障害の診断も短縮化を図る考えです。

利用者の皆様が安心し、満足できる医療と福祉サービスを提供するために、働きやすい環境づくりにも力をいれています。女性は全スタッフの65%と多く、昨年「群馬県いきいきGカンパニー」の認証を受けました。

希望の家は1975年5月、当時、障害者を取り巻く制度が乏しく、苦労していた障害児とその母親の憩いの場として発足しました。制度の整った今でも、孤独を感じるご家族はいます。ここに来れば社会とつながり、情報交換や交流ができます。

今後も地域に開かれた、心の通う医療・介護・福祉を目指して、希望が生まれる場所にしたいと考えています。

社会福祉法人 希望の家

企業団体情報

法人名 社会福祉法人 希望の家
所在地 〒376-0101
群馬県みどり市大間々町大間々22-4
電話番号 0277-73-2605
公式サイト http://www.kibounoie.or.jp