野田 真一郎
社会福祉法人希望の家理事長

心通う医療・介護・福祉

希望の家は、今年、法人化45周年を迎えます。1975年、障害児とその母親たちの憩いの場として誕生し、翌年、社会福祉法人として認可されました。現在では、病院の機能を有する重症心身障害児者施設で入所・通所・外来診療を行うとともに、高齢者を対象とした入所・通所施設、県内で唯一の児童心理治療施設「青い鳥ぐんま」を運営するなど、「医療・介護・福祉」を3本柱に、多岐にわたる事業を展開しています。

昨年は、新型コロナウイルス感染防止のため、新たな機器の設置やリモートでの面会を可能とするタブレットの導入、感染症発生に備えたマニュアルの作成など、ハードとソフト両面での整備を行いました。また、老朽化した東棟の増改築を行い、手狭だった重症心身障害児者デイサービスはスペースの拡大を図り、児童と障害者の特性に応じたサービス提供ができるよう機能強化を図るとともに、施設全体のセキュリティー対応工事を行い、利便性、快適性、安全性の一層の向上を図りました。

対人サービスを提供しているため、職員の専門性や資質の向上が重要と考え、職員教育に力を入れています。接遇やハラスメントをはじめ、医療技術、感染対策、医療機器管理など、毎月、外部講師による研修を行うとともに、WEBによる外部研修への参加も行っています。デジタルの時代だからこそ、アナログの尊さが際立つと考えています。今後も、利用者が安心し、満足のできるサービスが提供できるよう、将来を見据え、人材を育て、地域に貢献していきたいと思います。

社会福祉法人 希望の家

企業団体情報

法人名 社会福祉法人 希望の家
所在地 〒376-0101
群馬県みどり市大間々町大間々22-4
電話番号 0277-73-2605
公式サイト http://www.kibounoie.or.jp