山﨑 春男
ALSOK群馬社長

高まる安心へのニーズ

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大によるさまざまな影響への対応を余儀なくされました。東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、多くのイベントが中止・延期となり、業績面では厳しい年でした。テレワークや時差出勤、リモート営業など徹底した感染予防対策と、社員にも三密を避け厳格な対応を求めておりますが、油断できない状況が続くと予想されます。

しかし当社は、エッセンシャルワーカーとして、今こそ社会に貢献するという使命感を持って取り組んでいます。サーモカメラやオゾン発生機などの感染対策商品で、コロナ禍のニーズに応えるのはもちろん、皆さまの安心安全のために24時間・365日、警備を続けています。

人材不足が予想される中、ドローンによる監視やIT、IoTを活用したセキュリティーシステム、AI搭載ロボットなど、効率化を目指した技術革新が進んでいます。ひとり暮らしの高齢者の異常をセンサーで検知する遠隔での見守りなど、きめ細かな対応で安心をお届けしていきます。また「有害鳥獣対策事業者」の県認定も受け、業務の幅が広がりました。さらに当社業務と親和性の高い異業種と連携し、サービスの充実を図っていきたいと考えています。

今、安心へのニーズは高まっています。コロナ禍の終息が見えないことを踏まえつつ、宮本武蔵の『五輪書』にある「万里一空」を旨とし、どんな状況下でも愚直に業務に取り組んでまいります。

ALSOK群馬株式会社

企業団体情報

法人名 ALSOK群馬株式会社
所在地 〒371-0854
群馬県前橋市大渡町2-1-5
電話番号 027-252-5454
公式サイト http://www.g-alsok.co.jp