後藤 新
群馬サファリ・ワールド代表取締役副社長

命の不思議 感じる施設

群馬サファリパークは昨年、新型コロナウイルスの影響で、42年の歴史で初めて約1カ月の臨時休業を余儀なくされました。苦しかったですが、今は多くの方に来園していただいています。積み重ねた歴史のおかげであり、こうした時代だからこそ動物のリアルな命、輝きが求められているのだとも思います。社員に達成感や充実感が生まれてきています。

昨年、初めて挑戦したクラウドファンディングでは、約3500人の皆さまから約3700万円のご支援をいただきました。返礼品にライオンのひげやダチョウの卵などを用意し、話題になりました。ご厚意のおかげでマレーバクの新しい展示場も造れ、本当に感謝しています。

何より大切にしたいのはおもてなしの心で、良い思い出を持ち帰っていただきたいと願っています。昨年はゲートの塗装や屋外トイレの改修を行いましたが、今年も老朽施設をきれいにします。皆さまに愛される努力や工夫を惜しまない姿勢を持ち続けます。新たに「ビントロング」など珍しい動物も展示します。

立ち止まることは停滞ではなく後退。中長期的なプランを形にしていく第一歩の年にしたいです。「センス・オブ・ワンダー」は感性の力という意味。そうした力を働かせ、命の不思議さ、偉大さ、崇高さを楽しみながら感じられる施設にしたいと考えています。「トンネル抜ければ別世界!そこは野生の王国だ!!」。全社員と100種千頭の動物たちと、心からお待ちしています。

群馬サファリ・ワールド株式会社

企業団体情報

法人名 群馬サファリ・ワールド株式会社
所在地 〒370-2321
群馬県富岡市岡本1番地
電話番号 0274-64-2111
公式サイト http://www.safari.co.jp/