宗田 順一
パナソニック関東設備社長

安心安全の空間を提供

空調や電気など建築設備の設計施工と、コールドチェーン、いわゆる食品流通向け冷凍冷蔵ショーケースの設計施工を二つの柱として、事業展開しています。新型コロナウイルスに見舞われた昨年は試行錯誤の一年となりましたが、パナソニックグループのエンジニアリング会社であることを一つの付加価値として、コロナ禍を大きな境に、これまでとは違った価値を提供していきたいと思います。

もともとパナソニックでは、PM2・5や花粉、かび、においなどの抑制に効果があるナノイーという技術を持っています。コロナウイルスの抑制にも一定の効果が認められ、いま非常に注目されています。その性能を強化した「ナノイーX」が標準搭載された業務用空調機器のラインアップが登場したほか、ショーケースにも搭載されるようになりました。新しいライフスタイルに向けて、改めて衛生的で安心・安全の住環境や店舗空間を提供し、事業者、ひいては消費者のお役に立ちたいと考えています。

パナソニックの創業者である松下幸之助が唱えた「企業は社会の公器である」を経営理念としています。二酸化炭素排出量の削減やエネルギーの蓄積などにも取り組み、カーボンニュートラルの方向性を後押ししたいと思います。建設業界は3K職場のイメージがあるせいか、人手不足の問題を抱えています。最近はIT化や自動化が進み、現場の働き方も変わりました。社会貢献できる仕事ですので、就職先としてぜひ目を向けてほしいと思います。

パナソニック関東設備株式会社

企業団体情報

法人名 パナソニック関東設備株式会社
所在地 〒371-0844
群馬県前橋市古市町1丁目50番地14
電話番号 027-251-0571
公式サイト https://panasonic.co.jp/ap/pkfe/