串田 洋介
クシダ工業社長

安全性や生産性を追求

設備工事業と製造業を融合した事業展開をしています。電気や空調機械、水処理施設などの設備工事のほか、電力制御機器といわれる配電盤の製造や制御システム開発を手掛けています。施工だけでなく、その後の維持、管理のサービスも提供しています。

エレクトロニクス、エンジニアリングと、脊椎の意味を持つラテン語から「ELSPINA(エルスピーナ)」という事業ブランドを掲げています。「電気・空気・水」という生活に欠かせない社会インフラ分野では、安全安心を基軸とした機能や価値を追求し、日常生活を下支えしたいと考えています。

近年は、毎年のように台風などによる水害が発生しています。被害を防ぐため、ITを活用した危険予知や対処ができるシステムの構築を目指し、昨年から実証実験を始めました。センサーによる水位値のデータ収集のほか、内水氾濫を防ぐための排水制御も検討し、自治体と連携しながら災害対策基盤の構築を目指しています。

当社は、2016年以降の5年間に入社した社員が4割近くになるなど継続的に社員に恵まれ、多様性ある環境が生まれつつあります。これまでの仕事の進め方を全て見直し、多様性に寄り添う職場づくりを進めています。

コロナ禍で設備への投資意欲が冷え込むことが想定され、今年はまさに正念場です。安全性や生産性の向上がより良い社会につながると信じ、人の活動にフォーカスしながらサポートできる商品開発に一層力を入れていきたいと考えています。

クシダ工業株式会社

企業団体情報

法人名 クシダ工業株式会社
所在地 〒370-0042
群馬県高崎市貝沢町甲965番地
電話番号 027-362-1234
公式サイト https://kushida.co.jp/