中島 利郎
中央カレッジグループ代表

時代に適した人材育成

中央カレッジグループは、分野の異なる九つの専門学校を持ち、時代に対応できる人材育成を使命と捉え、実学実践を展開しています。また単位制の高等専修学校2校では、さまざまな理由で不登校になった人の再チャレンジの場を提供しています。

今や世界は大変革の時代を迎えています。あらゆる分野でAI(人工知能)やIT(情報技術)の活用が重要になります。そのような中、新型コロナウイルスにより、世界は昨年、大混乱に陥りました。当学園も、教育機関として学生の安全を第一に考え、どのような授業が望ましいかを模索し、4月下旬から遠隔授業を始めました。前々から取り入れたいと思っていましたので、かえって導入する一つのきっかけになりました。

専門学校の特色である実践的な教育を遠隔授業でできるのか心配しましたが、問題ありませんでした。美容師でも電気工事士でも、自宅で実技的な部分の動画を見ながら練習できます。落ち着いて、しかも繰り返し取り組めますので、むしろ習得が進みました。一方で、先生との直接のやりとりや、友達づくりも大切です。7月以降は対面授業に戻しました。

コロナはまるで「黒船来航」のような衝撃を社会に与え、ピンチを招きましたが、同時に変革のチャンスでもあります。資格取得の勉強や企業研修も遠隔で十分対応できることが分かりました。従来の方法を大切にしつつ、グループの特色を生かした新たな取り組みにも挑戦したいと思います。

中央カレッジグループ

企業団体情報

法人名 中央カレッジグループ
所在地 〒371-0844
群馬県前橋市古市町1-49-1
電話番号 027-256-7000
公式サイト http://www.chuo.ac.jp/