大山 駿作
ラジオ高崎社長

高崎の情報 世界に発信

当社の事業は本業の「放送」と、高崎音楽祭などのイベントを行う「放送外」の2種類ありますが、昨年はコロナ禍で放送外事業がほぼなくなりました。スポンサーを募った番組を増やした結果、多くの企業に応援してもらうことができ、本業の収益を伸ばせたと思います。当社の番組はアナウンサー7人が取材・制作を行っており、自社制作番組がほとんど。この力を生かして放送で経営を維持し、放送外で利益を上積みするスタイルを目指します。

昨年は事業を継続することに必死でしたが、新しい試みも展開しています。9月、観音山にあったアンテナを市役所屋上に移設、全市的に音声の状態を改善しました。ラジオ高崎の放送や市からの防災情報が受信できるスマートフォン用アプリを刷新。このアプリがあれば世界中どこでもラジオ高崎が聞けるため、世界を意識した番組として昨年4月、元外国人指導助手が英語だけでトークする番組を始めています。

コミュニティーエフエム局の役割に、地域づくりへの参画があります。コロナ禍の行方は分かりませんが、今年はインターネット配信など工夫しながら、音楽祭の開催を支援していきたい。そして地域に密着した良質な番組を作り、全世界に情報発信し、高崎に欠かせない放送局で在り続けたいと思います。

自動車業界の出身ですが社長を引き受けることになり、昨年4月に就任しました。市民の皆さんに信頼される放送局を目指して、コンプライアンスを徹底していきたいと考えています。

ラジオ高崎

企業団体情報

法人名 ラジオ高崎
所在地 〒370-0849
群馬県高崎市八島町265
電話番号 027-322-5555
公式サイト http://www.takasaki.fm/