熊川 栄
群馬県土地改良事業団体連合会長

10月に全国大会を開催

当会は土地改良法に基づき設立された公法人であり、今年63年目を迎えます。会員は県内市町村と土地改良区の計102団体です。主な業務は、農地や農業用水等の保全・管理体制の強化、農業用ため池等の耐震化対策、農地の集約化のための基盤整備の推進、土地改良区の組織・運営の強化など、会員に対しての支援となります。食料を生産する「水」「土」と、農村空間や人々が暮らす「里」を守る大切な役割を担っていることから、「水土里みどりネット群馬」の愛称で親しまれています。

今年10月6日は、43回目となる全国土地改良大会を群馬県で初めて「Gメッセ群馬」を会場に開催します。全国からお越しになる4千人のお客さまに対し、本県の農畜産物をはじめ、自然や温泉などの観光資源、群馬ならではの食文化や伝統文化などの情報を発信する絶好の機会にします。

本県の2018年の農業産出額は2454億円で全国14位です。このうち野菜は6位、畜産は9位です。日本の人口の4分の1が住む首都圏の皆さんが毎日口にするものを供給しており、大変重要な責務を負っています。大会では本県農業・農村の重要性をしっかりPRしたいと思います。

第一次産業を維持するには収益を上げることが不可欠です。農地の集約化などにより生産性を向上させるとともに、若い農業者を育てることも重要です。土地改良事業により生産基盤をしっかり整え、未来の成長産業として、関係する皆さんと取り組んでいきたいと思います。

群馬県土地改良事業団体連合会

企業団体情報

法人名 群馬県土地改良事業団体連合会
所在地 〒371-0844
群馬県前橋市古市町二丁目6番地4
電話番号 027-251-4105
公式サイト http://www.kakasi.or.jp/