渡辺 辰吾
ソウワ・ディライトCEO

新たな価値に光照らす

時代がものすごいスピードで変化し、今までの既成概念が通用しなくなっています。だからこそ社員には慣習にとらわれず、各自がより良いものを追求して自主的に行動するように日頃から意識付けをしてきました。コロナ禍の昨年はそうしたやるべきことや課題がより明確になった1年だったと思います。率先して取り組んできた働き方改革もコロナで進みました。

当社は「デンキのミライにワクワクする」というビジョンを掲げ、電気を通じて喜びや感動を人や地域に与えることを目指しています。その本質を追求する中で、いかに時代に即した応用をできるかが非常に重要です。同時に、常に先を見据えて、時代が変わっても変わらずに大切にしていくべき恒久的な価値も追求したいと思います。

人口減少などの地域課題がある中、人と環境、地域と企業が共生可能な循環型エコシステムの構築に取り組んでいます。地元の小学校と連携し、子どもたちが自己肯定感を高めるための触れ合いなど教育にも力を入れています。これからの地域は、いかに個人が個人らしくいられる場所であるかが大事だと考えています。教育はその種をまいていると言えます。

電気業界においても、電気と人、電気と暮らしの可能性を探る時期だと思います。単に建物を建てるのではなく、コトや場所、今まで当たり前だと思われていた部分に新たな価値を見いだし、光を照らすことができるかが重要です。コロナ禍で感じたことを、今年は一つ一つ形にしていきたいと思います。

株式会社 ソウワ・ディライト

企業団体情報

法人名 株式会社 ソウワ・ディライト
所在地 〒379-2121
群馬県前橋市小屋原町722-1
電話番号 027-266-6711
公式サイト http://sowadelight.com