「東国花の寺百ケ寺」の一つ、榛東村山子田の柳沢寺(小川晃泰住職)のサクラが見頃を迎えた。ソメイヨシノやヨウコウなど、およそ20本が境内に春の訪れを告げ、訪れる人を楽しませている=写真

 境内は、散策して花を楽しむ地元住民らの姿が目立つ。スギ木立に隣接して立つ五重の塔(高さ約20メートル)と、サクラとの“共演”が見どころで、撮影に訪れるカメラマンも多い。

 寺によると、サクラは天気が良ければ、15日ごろまで楽しめるという。