前橋市のつまみ細工教室「つまみ細工きよら」を主宰する清水亜希子さんと同教室の生徒30人の作品展が15日、同市三河町の前橋市芸術文化れんが蔵で始まった。色とりどりのちりめんや絹をつまんで作った花々など約300点が会場を彩っている=写真。17日まで。

 ヒガンバナやバラなど花びら一枚一枚を精緻に仕上げた力作が並ぶほか、生徒たちが手がけたブーケとかんざしの人気投票も行っている。清水さんが展示会で入選を果たしたつまみ細工のアートパネルも来場者の目を引いている。

 清水さんは「伝統工芸の多様なアレンジを楽しんで、身近に感じてほしい」と話している。

 午前10時~午後5時(最終日は同4時)。問い合わせは同教室(☎027-289-2508)へ。