しぶかわ桜まつりが16日、群馬県の渋川市総合公園で開かれた。アマチュアバンドの演奏が行われたほか、飲食物の販売コーナーなどが設けられ、多くの行楽客でにぎわった。

 同公園のソメイヨシノはほぼ散ったが、シダレザクラが見頃。スーパーボールすくい=写真=や、射的のコーナーは子どもから人気だった。市内の温泉まんじゅうや酒まんじゅう、いなかまんじゅうをPRするMM―1フェスティバルも開かれた。

 約3千本植えられている同公園のサクラをPRする目的で2016年に始まった。渋川商工会議所青年部を中心とする実行委員会(南雲章委員長)が主催。新型コロナウイルス感染症の影響で、5回目の今回は3年ぶりの開催となった。