17日午後8時半ごろ、3期目を目指して立候補した現職、茂木英子氏(62)の選挙事務所(安中市岩井)に落選の一報が伝わると、集まった支持者に落胆の色が広がった。 

  間もなく姿を現した茂木氏は「心を一つにクリーンな草の根選挙を展開することができた。一人一人が一生懸命取り組んでくれたが、結果が出せなかったことを心よりおわび申し上げる」と頭を下げ、支援に感謝した。 

 選挙戦では大きな組織からの表立った支援が少ない中、2期8年の実績をアピールし、県内唯一の女性市長として市政継続の必要性を訴えた。市民団体を中心に活動を展開し、女性活躍推進や子育て施策の充実を訴えたが、再選を果たせなかった。