現代美術や東洋古美術の作品をそろえる原美術館ARC(群馬県渋川市金井)の敷地内のヤエザクラ「一葉」が薄いピンク色の花を咲かせ、見頃を迎えている。晴れ間が広がった19日、青空の下、八重咲きの花が風に揺れ、来館者を魅了していた=写真

 赤城山を望む同館東側の庭を囲うように、大輪の花を咲かせている。西側の庭に育つソメイヨシノは、先日満開となり、現在は葉桜に。同館の青野和子館長は「引き続き芸術と自然の両方を楽しんでほしい」と紹介。同館外観が黒色であることから「花とのコントラストも味わい深い」と話した。

 天候によっては、今週末まで楽しめそう。木曜休館。同館の敷地内への入場は入館料が必要。