テレビやパソコンに加え、スマートフォンの普及により、日常生活で目を酷使する場面が多くなっていることで、「眼精疲労」に悩む人が増えている。原因が環境だけでなく、緑内障や白内障、ドライアイによって症状が現れている可能性もある。今号では、眼精疲労の原因や予防策をはじめ、疲労改善が期待できる栄養やそれを含む食材、負担を和らげる体操を紹介する。

統計的に眼精疲労の患者数は分かっていませんが、診療している立場から言えることは、コロナ禍で患者数が増えていることです。リモートワークによるテレビ会議などでこれまで以上にパソコン画面を注視する場面が増え、外出自粛によりテレビやスマホを見る時間が増えたことが大きな要因だと考えています。学校教育ではタブレット端末が子どもたちに配布され、幅広い年代で起こり得る状況となっています。

身体機能に影響

 ものを見るときに、カメラのレンズのような役割を果たす水晶体の厚さを調節してピントを合わせています。この調節に関わる筋肉が「毛様体筋」で、遠くを見るときは緩んで水晶体を薄く、近くを見るときは緊張(収縮)して水晶体を厚くしています。

 パソコンやスマホなどの画面を近くで長時間見ていると、毛様体筋が緊張し続けた状態となり、筋肉疲労を起こします。毛様体筋は意志とは無関係に働く自律神経に支配され、使い過ぎるとバランスが崩れてさまざまな身体機能に影響を及ぼす可能性があります。

 目に現れる症状として、目が重い、目の奥が痛い、まぶしい、かすむ、乾く、充血する、まぶたがぴくぴくする、まばたきが多いなどがあります。そうした症状に伴い、頭痛、首や肩の凝り、イライラする、倦怠(けんたい)感、めまいやふらつき、吐き気といったさまざまな身体症状が出てくることもあります。 目の異常なのか、ほかの病気が潜んでいないか、環境によるものなのか、さまざまな原因が考えられます。

 ピント調節の衰えによる老眼、近視や遠視、乱視といった屈折異常がある中で、無理にものを見ようとすると、毛様体筋に負担がかかってしまいます。眼鏡やコンタクトレンズが合っておらず、正しく矯正されていないことが影響していることもあるため、定期的に視力検査を受けてください。

他疾患の可能性

 レンズを換えても視力が上がらない場合は、他疾患の可能性があります。50歳を過ぎると、水晶体が白く濁る白内障や、視野が狭くなる緑内障、大きく視力が低下する加齢黄斑変性などの罹患(りかん)数が増加します。

 仕事などでパソコンを使った作業で集中すると、まばたきをしなくなります。目の乾燥を引き起こすドライアイは、眼精疲労に直結しやすいです。

乾燥防ぐ習慣

 目の疾患を除いて、予防法は目を使い過ぎないようにすることに尽きます。そのためには、環境を改善することが重要です。

 パソコンの画面を見るときは部屋を明るくし、画面の位置は目線より下げてください。疲れを感じる時間は人それぞれですが、例えば1時間操作したら5~10分程度休憩する、意識してまばたきをして目を潤す、エアコンの風が直接当たらないようにするなど目の乾燥を防ぐ習慣を身に付けるだけで、改善することもあります。

 眼鏡をかけている方にお勧めしたいのが、デスクワーク用の近々レンズの眼鏡で、パソコンの画面と手元の近い距離にだけピントが合います。実際その眼鏡をかけて診療をしていますが、目がとても楽になりました。仕事、家庭、運転といった場面に応じて眼鏡を使い分けることで、目の疲れの軽減につながると思います。

 シアノコバラミンというビタミンB12を含む点眼薬は、毛様体筋の働きを改善する効果があります。また、眼精疲労はドライアイと密接に関係しているため、目の表面を濡れやすくする涙液に含まれるムチンを補充する点眼薬も有効です。

 食事では、レバーやウナギ、豚肉が目の疲れに良いとされ、抗酸化作用があるアントシアニンを含むブルーベリーは、毛様体筋の働きに関わり、老眼予防につながるとされています。眼精疲労は生活の質を低下させるだけでなく、目の疾患の前兆の可能性もあります。環境を改善しても苦痛な状態が続く場合は、単なる目の疲れと捉えずに一度、眼科を受診してください。

 週に1度、心肺機能を維持・向上するために、学生時代から続けているテニスでリフレッシュ。さらに、腕立て伏せなど自分の体重で筋肉に負荷をかけるトレーニングをして鍛えています。食事では炭水化物は控えめにしてサラダを豊富に取るほか、筋肉を維持するために鶏肉などのたんぱく質を多く取るように心掛けています。(佐藤)


 

眼精疲労の点眼薬
正しい使用で 効果発揮

 目の働きの維持に欠かせないビタミンといえばB群とEです。眼精疲労の治療には、基本的にビタミン剤が入った目薬を使います。ビタミンB2(リボフラビン)には新陳代謝を正常に保ち、目の炎症の改善、ビタミンB12(シアノコバラミンなど)には、ダメージを受けた末梢神経の修復、ビタミンEには抗酸化作用があり、血行改善といった各効果があります。ドライアイが原因の場合には、優れた保水性のあるヒアルロン酸が入った目薬や、粘性物質であるムチンの分泌を促進し、目の表面を保護する目薬が使われます。

 点眼前によく手を洗いましょう。①薬液汚染防止のため、容器の先端に直接目を触れない②続けて点眼しない③点眼後まばたきをせず、目を閉じて目頭を数十秒押さえる―ことで効果を発揮します。点眼薬1滴の量は通常50マイクロリットルで、一度に目に入る量は40マイクロリットルといわれ、1滴で十分満たされます。複数の点眼薬を使う際は、続けて点眼してもあふれ出るだけで、目の周りのかぶれの原因や思ったような効果が期待できないため、5分程度間隔を空けるなど使用法に従ってください。

 うまく点眼できないときは利き手で目薬を持ち、げんこつをつくったもう一方の手を点眼する目の下に置き、下まぶたを少し押し下げます。目薬を持った手をげんこつの上に乗せて固定すると点眼しやすくなります。

 頭痛や肩凝りなど全身症状が出る前に目が疲れたなと思ったら早めに遠くを見たり、目の周りの筋肉をほぐすマッサージをしたり、蒸しタオルなどで目を温めてみたりするのも良いでしょう。