合併症や後遺症予防

 一般的に何らかの障害が起こってからリハビリをしますが、がんの場合、手術や抗がん剤治療などが始まる前、あるいは直後から「予防リハビリ」を行い、治療に伴う合併症や後遺症などを予防します。国立がん研究センター・がん対策情報センターによると、ウオーキングによる有酸素運動は、20~30分間を週3~5回行うのが理想的とされています。

楽々気軽にエクササイズ

 2018年から海外の文献で「運動が疲労を著しく軽減し、心身の健康を改善する可能性がある」と紹介され始めました。「肺がん」のリハビリとして「穏やかな有酸素運動と筋トレ」が有効とされていますが、気分の低調、意欲欠如、疼(とう)痛および治療の副作用が運動をすることへの妨げになっています。まだまだ「がんと運動」は未知数が多く、運動内容や強度が検討される状態であるのも事実です。健康診断を受けて体調管理に努めましょう。

 「気持ちよく、楽しく、のんきに、心地良さを感じながら」運動することがポイントです。深呼吸をしながら、免疫力アップを目指しましょう。

お問い合わせは日本健康運動指導士会群馬県支部(県立心臓血管センター内)tel 027-269-7455(内線8332)
運動はかかりつけの医師の指導のもと適切に行いましょう。
ミニ講話/8~10分以降が有酸素運動
運動を始めると筋肉から疲労物質の乳酸が発生しますが、運動を続けると乳酸閾値(いきち)という酸素を代謝する状態に変わり、肺胞からの取り込みがスムーズになる境目があります。有酸素とはこれを越えた運動を呼びます。強度の高い運動ではなく、中等度の運動が健康づくりに重要です。