特殊詐欺被害を未然に防いだとして、群馬県警高崎北署(吉田武署長)は22日、高崎市のセブンイレブン高崎下室田町店のアルバイト、出井政弘さん(16)=榛名高2年、写真左=に同署第1号となる感謝状を贈った。自身も詐欺被害に遭ったことがあるという高校生の機転が、悪質な手口から被害者を守った。

 10日午後6時半ごろ、プリペイドカード4万円分を購入しようとレジに来た60代女性の様子に、出井さんは違和感を覚えた。4万円も何に使うんだろう―。女性のスマホ画面と自分が調べた正規サイトを見比べ、詐欺だと気付いた。

 声を掛ける時は緊張したが、勇気を出せたのは自身の苦い経験があったから。以前、インターネット上で詐欺被害に遭い、悔しい思いをした出井さんは「他の人には同じ経験をしてほしくなかった」と力を込める。

 吉田署長は「機転の利いた勇気ある行動。被害を防いでもらいありがたい」と感謝した。