東毛地域の経営者団体「東毛経済同友会」(大橋淳会長)は23日、群馬プロバスケットボールコミッションの阿久沢毅社長らとの交流・情報交換会を太田市内で開いた。会員約50人と同社の社員10人が参加した。

 同社は、バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)群馬クレインサンダーズを運営する。大橋会長のあいさつに続き、阿久沢社長が「チームが次のステップを踏めるよう指導してほしい」などと呼びかけた。