23日午後4時ごろ、高崎市箕郷町矢原の畑で、近くの農業の男性(72)が運転していたバックホーの下敷きになった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。


 高崎北署によると、男性は同日午前8時ごろから、知人と2人で畑ののり面の土留め作業をしていた。男性が運転していたバックホーが何らかの原因で横転し、下敷きになったとみられる。


 同署が詳しい事故原因を調べている。