▼近所の農道を歩くと、土を起こしたり、苗を植えたりする人の姿が目立つようになってきた。作業合間の茶飲み話も楽しそうだ。菜の花が咲き、野鳥がしきりにさえずる春は戸外で体を動かしたくなる

 ▼〈トレーラーに千個の南瓜(かぼちゃ)と妻を積み霧に濡(ぬ)れつつ野をもどりきぬ〉。北海道帯広市の歌人・時田則雄さんは農業の喜びを詠んできた。就農から50年あまり。〈野男の名刺すなはち凩(こがらし)と氷雨にさらせしてのひらの皮〉。「野男」を自認し、農文一体の暮らしを実践する

 ▼「行き当たりばったりの農政に振り回され、時には土から剥がされそうになりながら営農を続けてきた」という。危機感を抱いているのが日本の食料自給率の問題だ

 ▼農林水産省によると2020年度はカロリーベースで37%。先進国では断トツの最下位である。都道府県別(18年度)では北海道196%、群馬33%、東京1%。政府は30年度までに45%とする目標を掲げているが達成は容易でない

 ▼農業関係者が、輸出国が凶作に見舞われたら、紛争が起きたらと繰り返し指摘してきた。だが訴えは届かず、ロシアのウクライナ侵攻でその「もしも」が現実になった

 ▼少年時代に飢餓を体験した作家の故・野坂昭如さんは「いざとなったら食い物のある国が生き残るのだ」と述べている。農業と生産者を守るにはどうしたらいいか。われわれの食生活への意識が問われている。