わが国では慢性的な頭痛に悩む“頭痛持ち”の人は、成人の3人に1人、片頭痛患者は約840万人いると言われています。そのうち約70%は医療機関を受診しておらず、約50%は市販薬で対処しています。

 頭痛に対する世間の認識は低いですが、立派な病気です。頭が痛いと勉強がはかどらない、仕事に支障をきたす、日常生活が楽しめないなどの不安や不満が生じます。月に数回の頭痛であれば我慢できますが、10日以上も頭が痛いと鬱っぽくなってしまいます。この状態になると頭痛薬を飲み過ぎて、もともとの片頭痛に薬物乱用頭痛(頭痛薬を月に10日以上も服用している人は注意)が加わってしまいます。そうなるとますます手ごわくなります。

 片頭痛の治療薬は、①アセトアミノフェン(主として小児、妊娠中もしくは授乳中の女性に処方)、②非ステロイド系消炎鎮痛剤(ロキソプロフェンなど)、③トリプタン製剤(片頭痛専用の薬)などがあります。①と②を試したことのある人は多いですが、③の存在を知らない人もいます。③には5種類ありますが、どれが強い弱いではなく、あくまでも患者と薬との相性であり、効果も異なります。全てのトリプタン製剤が有効の患者もいれば、全て無効という患者も存在します。

 頭痛専門医による正しい診断、適切な頭痛薬や予防薬(片頭痛の頻度を減らし、程度を軽くする)の処方により、日常生活はガラッと変わります。「頭痛に悩んでいたあの頃が懐かしい!」と思える日が訪れるように協力できれば幸いです。


 

頭痛薬の「正しい使い方」
服用の間隔、回数を守ろう

 頭痛に使う薬と聞くと、皆さんはどのような薬を思い浮かべますか。片頭痛の治療には、ドラッグストアなどでも見かけることの多いアセトアミノフェン、ロキソプロフェンといった薬から、トリプタン系と呼ばれる片頭痛にだけ使うことができる薬まで、いろいろなものがあります。さらにそのトリプタン系の薬の中にも、内服薬、点鼻薬、注射薬などさまざまな種類があり、それぞれ使い方が決まっています。

 一度飲んでも頭痛が治まらない時に、追加で飲むまでに空けなくてはならない時間や、1日に飲むことができる回数が決まっており、漫然と定期的に使い続けることで「薬物乱用頭痛」という頭痛の原因になることがあります。

 また、アセトアミノフェンやロキソプロフェンなどは風邪薬や痛み止めの成分として比較的なじみのある薬ですが、これらの薬も漫然と使い続けることによって「薬物乱用頭痛」の原因になることがあるので、どちらの薬も決められた使い方を守ることがとても大切です。

 それでも頭痛が収まらない場合や繰り返す場合には早めに医師に相談しましょう。近年では、重い片頭痛の予防薬として、てんかんや高血圧、心疾患に用いられる薬の一部を使用することが認められるようになりました。ご自身が飲んでいる薬の特徴を理解して正しく使うことが片頭痛の治療にはとても大切です。薬の特徴や使い方が分からないなど困ったことがありましたら、お気軽に薬剤師までご相談ください。