不妊治療の中で、患者から「命の源」である卵子と精子を預かり、体外受精や顕微授精などART(生殖補助医療)を行う胚培養士。本来、体の中で起こる受精や胚の成長を培養室内で再現するため、高度な技術と知識が求められる。不妊治療専門施設の高崎ARTクリニック(高崎市)の剱持智恵美さん(29)は、子どもを望む夫婦をサポートするチーム医療の一員として、研さんの日々を送る。

顕微鏡で受精卵の状態を確認する

「命の源」と向き合う

 日本では、夫婦の6組に1組が不妊治療を受けており、新生児のおよそ16人に1人が体外受精で生まれているとされる。治療の技術面を担う培養士は、顕微鏡を使い卵子に1つの精子を注入する顕微授精や、培養液内で媒精させる体外受精を行うほか、精液検査や精子の濃縮・凍結、医師が患者から採取した卵胞液の中から卵子を探す検卵、未成熟卵の体外培養など、さまざまな業務に携わる。「胚にストレスを与えないよう、迅速さが求められる一方、安全性や正確さも重要。『命の源』を扱っていることを常に意識して向き合っている」

 クリニックが目指すのは、「心」と「体」に優しい生殖医療。できる限り自然な周期に合わせた体外受精を目指し、排卵誘発剤の使用も最小限に抑えており、1回の採卵で取れる卵子は1~3個。卵子は年齢とともに数が減るため、妊娠の可能性を逃さないよう、採取した卵子は成熟度にかかわらず一つ一つ大切に育てる。そのため培養士は、卵子を成熟させるための培養環境の研究にも注力している。

 クリニックでは母子ともに健康な妊娠・出産に向けた体づくりである「プレコンセプションケア」も重視しており、医師や管理栄養士らによりアドバイスをしている。培養士も日々の業務や学会で得られたさまざまな情報を収集し、フィードバックする。今後は「採血結果と培養成績を関連させるなどして、目指す栄養状態や生活習慣の根拠となるデータを提供していきたい」と日々精進している。

感謝の言葉にやりがい

 2014年に入職し7年目だが、生殖医療は「存在すら知らない未知の世界」だった。北里大獣医学部で学んでいた際、胚培養士に関する話を聞き、「人の生命に関係する仕事があるのか」と興味を持った。実際に現場を見学したところ、その仕事の意義や技術の素晴らしさに「言葉にできないほど」圧倒され、本格的に志した。

 クリーンに保たれ、機密性の高い培養室内での仕事。患者と顔を合わせる機会はほとんどないが、カルテなどを通して関わった患者の妊娠が確認できると、やはりうれしい。患者の分娩報告アンケートに書かれた感謝の言葉や、「次もお願いしたい」という言葉にやりがいを感じている。「神様みたいな仕事と思われがちだが、あくまで頑張っている患者さまのお手伝い。より多くの笑顔につなげるため、最新の技術や情報を取り込んでいきたい」と意気込む。

胚培養士とは?
 不妊治療の現場で、精子や卵子の管理や受精、胚培養、凍結保存などを行う。日本卵子学会、日本臨床エンブリオロジスト学会が実施する認定試験により関連資格を得ることができる。医療系だけでなく、大学や大学院で生物学関連を学んだ人にも受験資格がある。