群馬県に国内唯一の完成車工場があるSUBARU(スバル、東京都渋谷区)は26日、群馬製作所の操業を28日と29日の計2日間、停止すると発表した。同社は新型コロナウイルス再拡大で中国上海市がロックダウン(都市封鎖)した影響で、部品供給に支障が出る見込みになったためと説明している。

 同製作所には、完成車を組み立てる本工場(太田市スバル町)と矢島工場(同市庄屋町)、エンジンや変速機を製造する大泉工場(大泉町いずみ)があり、3工場を停止する。

 3月にも東北地方を中心とする地震で取引先企業が被災し、部品調達に支障が出たため計2日間停止した。これとは別に同社は現在、主力3車種に搭載しているエンジンに不具合が見つかったため、対象となる車両の販売と出荷を見合わせている。