一般家庭や事業所が丹精した庭を訪ねることができる「たてばやしオープンガーデン」(群馬県館林市主催)が10年目を迎えた。本年度は市内14カ所が参加。色とりどりの草花や樹木を順次楽しめる。

 赤生田町の茂木浩さん方は、線路の枕木で作った高さ約2.5メートルのアーチが特徴。アーチを覆うモッコウバラが見頃を迎えた=写真。妻の欣子さんは「テレワークなどで外出の機会が減る中、花を見て心を和ませてもらえれば」と話している。

 同市のオープンガーデン事業は、花と緑の豊かなまちづくりを目指し2013年度に開始。季節の花を植えたり、通年のガーデニングなどで工夫を凝らした庭を紹介している。庭の一覧や地図は市のホームページで公開している。

 

もてぎ・ひろし、よしこ