自宅で父親に包丁を突き付けて軽傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで逮捕、家裁送致された中毛地域の少年=当時(15)=の審判が28日までに前橋家裁で開かれ、宮崎徹裁判官は第1種少年院送致の保護処分を決定した。19日付。

 少年は3月6日午前4時半ごろ、自宅にあった包丁を父親に突き付け殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。