コンビニエンスストアの店員に刃物を突き付け現金を脅し取ったとして、前橋地検は29日までに、強盗の罪で太田市、工場作業員、男(22)を前橋地裁に起訴し、同容疑で伊勢崎市の男(19)と太田市の少年(17)を前橋家裁に送致した。

 起訴状などによると、作業員の男は2人と共謀して2月5日、伊勢崎市のコンビニで店員に折り畳み式ナイフを突き付け、「動くな、刺すぞ」などと脅し、レジから現金約3万5千円を奪ったとされる。