群馬―新潟 第2クオーター、チェンバースがシュートを決めて45点目=太田市運動公園市民体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は30日、各地で第35節第2日を行い、東地区7位の群馬クレインサンダーズは太田市運動公園市民体育館で同11位の新潟に94―62で勝ち、今季初のホーム3連勝を飾った。通算成績は23勝28敗で、すでに更新している昇格チームの初年度最多勝利数を伸ばした。

 次戦は1日に同体育館で新潟と対戦する。

群馬23勝28敗 94   22―10   62 新潟5勝43敗
26―15
14―17
32―20

 

力の差見せ新潟を圧倒

 昨季、サンダーズを指揮した平岡富士貴氏がヘッドコーチ(HC)を務める新潟に対し、サンダーズは力の差を見せつけた。第1クオーターから2桁の得点差をつけると、最後まで攻守の強度を落とさず、新潟に流れを渡さなかった。

 攻撃の中心となったのは2本の3点シュートを含む16得点のSFアキ・チェンバース。第1クオーター序盤からコンスタントに得点を重ね...