加藤クリニック(前橋市) 加藤 雄一さん

 「おしっこをする時に痛い」「最近トイレが近くなった」「排尿したけどスッキリしない」などの症状がある場合、膀胱ぼうこう炎の可能性があります。また、「尿が白く濁る」「尿に血が混じる」などの症状の場合も同様です。女性に多い病気で、日本人女性の2人に1人がかかると言われています。  

 多くは大腸菌などの細菌が、外尿道口がいにょうどうこうから膀胱内に侵入し、増殖することで起こります。しかし、細菌が膀胱に入ってしまっても、体が健康な状態であれば、体の持つ抵抗力で増殖が抑えられます。 

 寝不足やストレス、疲れなどで抵抗力が弱まっていると細菌が増殖しやすく、膀胱炎を発症しやすくなります。女性に多いのは、尿道が男性に比べ短いため、細菌が容易に膀胱内に侵入しやすいためです。 

 膀胱炎は、生活の中で少し注意をすることで防げる病気です。①水分を十分にとる習慣をつける②排尿を我慢しない③下半身の冷えを防ぐ④排便や排尿後は、前から後ろに拭く⑤陰部を清潔に保つ(女性の場合、特に生理中は注意)⑥ストレスや過労を避ける─などが挙げられます。 

 尿意切迫感、膀胱痛などの症状があり、膀胱炎の症状とよく似ているものに「間質性膀胱炎」があります。膀胱の粘膜の下の間質が委縮して症状を引き起こします。細菌性の膀胱炎は抗菌剤で治療できますが、間質性膀胱炎には抗菌剤は効きません。中高年の女性に多く発症します。 

 膀胱炎を放置すると、細菌が腎臓まで及び、高熱などを引き起こす腎盂じんう腎炎を誘発することがあるので注意が必要です。また、膀胱炎の背後に膀胱がんや膀胱結石、男性の場合は、前立腺肥大症などの病気が隠れていることもあります。膀胱炎が疑われるような症状がある時は、迷わず医療機関を受診し、適切な治療を受けてください。

 

 
協力/群馬県医師会

 

 
群馬大医学部附属病院薬剤部 中村 浩規さん

 

抗菌薬の適正な使用
指示通り服用 心掛けを

 膀胱炎と診断された際には主に抗菌薬が処方されます。一概に抗菌薬といってもいろいろな種類があり、飲み方や注意点も薬によってさまざまです。例えば1日に3回飲む薬、1日に1回だけ飲む薬、意外なところでは牛乳との相性が悪い薬など、それぞれ特徴があります。もちろん1日に1回だけ飲む薬が優れているというわけではなく、菌への働き方によって使い方が変わってくるため、薬が最大限の効果を発揮できるように飲み方が決められているのです。  

 しかし、いずれの抗菌薬を使用する際にも大切なことは、医師の指示通りに正しく使うことです。特に症状がなくなったからといって、抗菌薬を飲むことを勝手にやめてしまうと、しっかりとした治療効果が得られないばかりか、抗菌薬が効きにくい耐性菌とよばれる菌を生み出してしまうなど、さまざまな問題が生じてしまいます。  

 また、菌の種類によって使用する抗菌薬が異なるので、例えば風邪をひいたからといって、過去に別の病気で処方された抗菌薬をご自身の判断で飲むことはやめてください。 耐性菌の発生を可能な限り抑えるために、世界中で抗菌薬の適正な使用を推進しています。そのためには、処方する医師や薬剤師だけでなく、実際に薬を飲む患者さんの心掛けも大切です。抗菌薬が処方されたら、医師の指示通りに正しく飲むように心掛けてください。何か分からないことや気になることがあれば、お気軽に近くの薬剤師まで問い合わせてください。