母の日(8日)用のカーネーションが、群馬県内各地の農家で出荷のピークを迎えている。約20種類を育てる農園「雅(みやび)園芸」(高崎市吉井町黒熊)のハウスは、赤や黄、紫などカラフルな鉢植えが並んでいる。

 同園は県内のホームセンターやスーパーを中心に出荷し、直接販売も行う。母の日に開花のピークが来るよう温度管理を徹底している。同園によると、近年は定番の赤やピンク以外の色の需要が高まっている。

 同園の吉田誠さん(43)は「贈る相手のことを考えながら花を選ぶと、自分の思い出にも残ると思う」と話していた。問い合わせは同園(☎080-6532-1862)へ。

動画再生できない方はこちら
>> https://youtu.be/dsZgPO-rPTg