初優勝を決めマウンドに集まって喜ぶ吉井鏑北ナイン=上毛新聞敷島
吉井鏑北少年野球クラブ-尾島ビガーズ 2回裏尾島1死満塁、光山(右)のスクイズで荒井(左)が本塁を突き先制=上毛新聞敷島

 学童軟式野球の高円宮賜杯第42回全日本大会県予選会(県野球連盟、上毛新聞社主催)最終日は4日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝戦と3位決定戦が行われ、決勝は吉井鏑北少年野球クラブが延長七回のタイブレークの末、7―1で尾島ビガーズを破って初優勝した。3位決定戦は碓東オールスターズが延長七回タイブレークの末、11―10で殖蓮ジュニアを下した。

 優勝した吉井鏑北は全日本大会(8月、東京)、準優勝の尾島は高野山旗全国大会(7月、和歌山)、3位の碓東は阿波おどりカップ(8月、徳島)、4位の殖蓮は関東大会(8月、東京)にそれぞれ出場する。

 ▽決勝
吉井鏑北少年野球クラブ(高崎)
0001006―7
0100000―1
尾島ビガーズ(太田)
(延長七回、七回からタイブレーク)

 タイブレークの七回裏2死一、三塁。頂点まであとアウト一つの場面で、...