集団食中毒などを引き起こす腸管出血性大腸菌のO157について、群馬大(前橋市)は6日、特殊な炭素で病原性タンパク質を吸着し、無毒化できることが分かったと発表した。

 感染者の5%程度に起きる重症化を防ぐ可能性があり、新たな予防法や治療法の確立につながることが期待できるとしている。