eスポーツを通して競輪を身近に感じてもらおうと、前橋競輪を運営する日本トーターは7日、群馬県前橋市の日本トーターグリーンドーム前橋でeスポーツ体験会を開いた。会場では親子連れらがカーレースやパズルなどのゲームを楽しんだ=写真。8日まで。

 前橋市の篠崎湊友ちゃん(5)と大護ちゃん(2)兄弟は「グランツーリスモ」を初体験し、懸命にハンドルを操作。県立二葉高等特別支援学校の寄宿舎に勤める父の真和さん(35)は「寄宿舎では昨年からeスポーツを導入し、生徒たちの良い刺激になっている」とeスポーツの魅力を語った。

 8日は午前11時から午後2時まで、本県出身の恩田淳平選手、本多優選手、河内桜雪選手の競輪3選手が「太鼓の達人」や「ぷよぷよ」に挑戦する。ご当地アイドル「あかぎ団」らも参加予定。

 参加無料。問い合わせは「GUNMA eSPORTS」(☎050-3152-1860)へ。