「今日から俺は‼」(原作・西森博之)は、千葉県を舞台に1980年代の不良学生、通称「ツッパリ」を描いたコメディー漫画。2018年10~12月にテレビドラマが放映され人気を博した。20年7月に劇場版が公開。同時にスペシャルドラマが放送されるなど、盛り上がりを見せた。

シリーズ「ぐんまの聖地巡礼」の他の記事はこちらから

 脚本と演出はドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」や映画「銀魂」などで知られる福田雄一が手がけた。アドリブシーンも多く、笑いを誘う自由な作風が特徴だ。

 軟葉高校の転校生、三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)は転校を機に様変わりした。それぞれ金髪パーマ、髪を上へと立たせたとげとげ頭の姿。「ツッパリ」を装った2人が笑いあり、けんかありの愉快な学生時代を仲間と過ごす。

 群馬県内の商店街や学校、病院などが撮影に使われた。見慣れた街並みもリーゼントや「聖子ちゃんカット」の髪形をした学生が歩けば、当時にタイムスリップ。

❶旧安中高跡地(安中市安中)

 2008年に閉校した。ツッパリが集う極悪高校、開久高校として登場。ドラマ第9話で、運動場につながる門から三橋ら4人が乗り込む。覚悟を決めた男たちの後ろ姿が映る。

❷パーラーレストランモモヤ(前橋市千代田町)

 前橋中央通り商店街にある1956年創業の喫茶店。店構えや店内は80年代を描くのにふさわしい雰囲気が漂う。三橋ら登場人物が集う場所として使われた。オムライス、ナポリタンのほか、プリンアラモードやレモンスカッシュなど「レトロ感」を求めて訪れる若者も多いという。

❸前橋中央通り商店街(前橋市千代田町)

 登下校やけんかのシーンで数多く使われている。劇場版は、高校生役を演じた主要キャストが商店街に集結する場面から始まる。

❹天華堂書店(高崎市寄合町)

 ドラマ第3話の冒頭で、三橋が立ち読みをしている書店。店員役で柳楽優弥が登場し、三橋と会話する。劇場版では凶悪な高校生の柳鋭次役を務めた柳楽。未来の敵に三橋は遭遇していた。

❺県立心臓血管センター(前橋市亀泉町)

 最新の心臓血管治療を行う高度専門病院。ドラマ第5話で撮影された。三橋らを慕う同級生、佐川直也(柾木玲弥)が入院する。三橋に思いを寄せる赤坂理子(清野菜名)、担任の椋木先生(ムロツヨシ)が見舞う。理子の父、哲夫(佐藤二朗)も訪れ、コミカルな掛け合いを見せる。

 

取材後記 笑いをこらえて

 静かな場所でスマホで観賞してしまい、笑いをこらえるのに苦労した。所々で県内の身近な風景が映るため、そこで動き回る登場人物に親近感を抱いた。ドラマの場面を思い浮かべ、昭和の学生気分で闊歩(かっぽ)してみてはいかが。