津地裁

 2019年に三重県の自宅で、14歳だった就寝中の娘にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた被告の男性の差し戻し審判決で、津地裁は11日、直接証拠とされた娘の被害証言について「信用性に看過できない疑問が残り、犯罪の証明がない」として無罪を言い渡した。検察側は懲役4年6月を求刑していた。

 四宮知彦裁判長は判決理由で、被害証言を巡り、当時の娘の姿勢では下半身を触ることが難しかったほか、被告の友人らが遊びに来て隣室で寝ていたと指摘。「被害の核心部分の内容自体に看過できない不自然さがあり、信用性に疑いを入れるべき点が複数存在する」と述べた。