年齢を重ねると誰でも起こる「白内障」。視界がかすんだりぼやけたりし、働き盛りの年代でも発症することがある。症状がひどくなると生活に支障をきたすため、初期段階で進行を抑えることが重要だ。今号では、白内障の原因や予防策をはじめ、進行を緩やかにすることが期待できる栄養やそれを含む食材、運動方法を紹介する。

 眼球はカメラと同じようなつくりをしています。レンズの役割を果たす水晶体に光が通り、フィルムの働きをする網膜が光を映像としてとらえ、視神経から脳に伝達されます。

 若い頃の水晶体は透明ですが、年齢を重ねるにつれて濁ってきます。汚れたレンズで撮影した写真がぼやけてしまうように、水晶体が濁ると見え方が悪くなります。加齢とともに白髪が増えるのと同じで、程度の差があっても高齢になれば白内障を発症します。

80代以上の7割進行

 白内障は進行の程度によって初期白内障、中期白内障、成熟白内障、過熱白内障と主に四つに分類されます。早いと50代から発症し、中期白内障以上は60代から増加し、70代で約半数、80代以上では7~8割にみられます。女性は男性に比べ、罹患(りかん)率が高いといわれています。

 初期症状では、かすんだりぼやけたりすることが多いです。光をまぶしく感じたり暗く感じたりすることもあります。

 原因のほとんどが加齢ですが、糖尿病で血糖コントロールがうまくいっていない方は発症しやすく、膠原(こうげん)病や関節リウマチで使用するステロイド薬の副作用で発症することもあります。加齢ではゆっくり進行しますが、上記のような病気や薬の副作用の場合は急速に進行する場合もあるので注意が必要です。

 糖尿病の合併症では白内障のほか、緑内障や網膜症で失明に至ることもあり、ステロイド薬で緑内障を患うこともあります。糖尿病の方やステロイド薬を使用している方は定期的に眼科を受診してください。

 そのほか、目のけがや紫外線、放射線に長時間さらされることで発症することもあります。血流の流れが悪くなる喫煙も危険因子といわれています。

認知症の要因にも

 症状は徐々に進行し、眼鏡をかけても見えにくくなります。運転免許証の更新の際、視力が足りずに受診する方が多いですが、かすむ、ぼやけるといった症状が現れ始めたら眼科の受診をお勧めします。

 ゆで卵を生卵に戻すことができないように、一度濁った水晶体を透明に戻すことは現在の医療ではできません。成熟白内障や過熱白内障のように進行すると、白内障という病名の通り、自覚できるくらい黒目が白く濁り、物の形や色が分からなくなってしまいます。

 人が外部から得る情報の8割は視覚からといわれ、白内障により両目とも見えなくなると日常生活に大きな制限が出てしまいます。高齢だと認知症を引き起こす要因にもなります。治療の面では、進行すると白内障の手術の難易度が上がり、手術における合併症の頻度が高くなるといった問題も出てきます。

手術は最終手段

 早期発見し、初期の段階で進行を抑える目薬を使用することが有効です。

 水晶体の水溶性タンパク質に、白内障を引き起こすとされる物質が結合しないようにするピレノキシンという成分や、同タンパク質の酸化を防ぐグルタチオンという成分を含んだ目薬を使用します。

 点眼で水晶体の濁りは改善しないため、重症化して生活が不自由になった場合は、手術が必要になります。感染症などのリスクもあるため、手術は最終手段として考えてください。

 手術では濁った水晶体を超音波で小さく砕いて取り除き、人工の透明なレンズに取り換えます。特定の距離に焦点を合わせる単焦点眼内レンズと2カ所の距離に焦点を合わせる多焦点眼内レンズがあります。前者は保険適用です。どの距離にピントを合わせればよいか患者さんの生活スタイルによって異なるので、事前に主治医と求める見え方について相談することがとても重要です。

 加齢が主な原因なので予防は難しいですが、禁煙、紫外線を浴びる屋外の作業やスポーツをするときは、紫外線カットの眼鏡やサングラスを着用することが効果的です。また、野菜を多く取るなど血糖値を上げない食事や、ウオーキングといった適度な運動も取り入れてください。

 誰しも年を取れば発症する病気です。早期に治療を始めて進行を遅らせ、悲観せずに気持ちを楽にして向き合いましょう。

 

 食事では、網膜に良いとされるピーマンやパプリカ、ブロッコリーといった緑黄色野菜のほか、イワシやサバなどの青魚を多く食べ、夕食後には毎日30~40分散歩をしています。休日は少し遠出をして、景色を眺めながら遊歩道や街中を1時間程度歩きます。汗を流すことが心地良く、ストレス解消やリラックスできるひとときになっています。 (佐野)


 

白内障の治療薬
点眼薬で進行抑制

 白内障の点眼薬には、症状の改善や進行を完全に止めるような効果はありません。点眼薬を用いた治療の目的は、あくまでも症状の進行を遅らせることに限定されます。その効果にも個人差があり、場合によっては点眼薬が十分に効かず、病状が進行してしまうこともあります。そのため、点眼薬での治療期間中には、定期的な経過観察が必要になります。

 点眼薬の主な成分にはピレノキシンやグルタチオンがあり、いずれも基本的に水晶体内の酸化反応を抑制し、水晶体が白く濁る原因となるタンパク質の凝集を抑えます。

 ピレノキシンは、白内障を引き起こすキノイド物質が水晶体の水溶性タンパク質に結合するのを阻害します。水晶体にあるタンパク質の変性を防ぐことで、水晶体が白く濁るのを抑え、白内障の進行を予防します。

 グルタチオンには、水晶体の透明性を保つ作用があります。また、白内障の進行により減少するグルタチオンを補充することで症状の進行を抑制します。内服薬でもグルタチオンのように、酸化反応を抑制するチオプロニンがありますが、40年以上前に承認された薬剤で、現在はほとんど処方されません。

 点眼薬には使用前によく振るものや、冷蔵庫に保管して決められた期間内に使用するものがあるので、薬局などで使用方法をしっかりと確認してください。

 長期にわたって点眼薬を使用しても副作用はほとんどありませんが、点眼後、充血やかゆみがひどくなるような場合は、主治医や薬剤師に相談してください。