7~10月に収穫される群馬県産夏秋キャベツの2021年の出荷量は23万1600トンで、1970年の統計開始以来、52年連続で全国1位だったことが12日までに、農林水産省の集計で分かった。

 近年、生産性が向上している夏秋ナスも都道府県別で6年連続の1位。北関東3県が上位を占める中、本県産の出荷量は1万7200トンで、2位の茨城県に1600トンの差をつけた。