テニス女子団体決勝リーグ 市太田―太田女 接戦を制し、団体優勝に貢献した市太田の吉田(左)、今泉組
連覇を達成し喜ぶ市太田のメンバー=前橋総合運動公園テニスコート

 第57回群馬県高校総合体育大会は14日、県内各地で21競技を行い、テニスは女子団体で市太田が、男子団体で高崎商大付がともに2連覇を果たした。弓道の男子団体は伊勢崎工が40大会ぶり2度目、女子団体は市太田が2大会連続8度目の栄冠に輝いた。体操の男子団体は吉井が14大会ぶりに制し、高崎工の14連覇を阻んだ。メイン会期最終日となる15日は競技2日目となる陸上を含む19競技を行う。

■テニス女子団体

 テニス女子団体は決勝リーグで3戦全勝した市太田が連覇を達成した。

 トーナメント戦を勝ち抜いた4チームによる総当たり戦で優勝を競った。2勝同士の対戦となった前橋育英との3戦目は優勝を懸けた大一番となった。

 第1シングルスは、1年生の樋口真葵が...